【2022年度コラム第1弾 第1回】30期濵﨑宏海×31期羽田徹


新シーズンが始まり新体制となった今、新たに部を担っていく選手達はなにを考え、どのようにラクロスと向き合っているのか。

4組の同じポジションの先輩、後輩にあたる選手をPickUpし、対談を行いました。

「目指すべきロールモデルをつくる」という企画テーマのもと、下級生から上級生に質問をし、今の合同練の時期に下級生の目指すプレイヤー像を上級生に示してもらいました。

第1回は30期濵﨑宏海(MFPL)×31期羽田徹(MF)!

(写真左:羽田徹 右:濵﨑宏海)



-今日は貴重なお時間ありがとうございます。早速ですが、まず初めにお互いの印象について教えてくださいますか?

濵﨑:お互いの印象...?あんまはなしたことないね(笑)どういう人選なの?

-宏海さんも徹さんも今まで意外とピックアップされていなかったので、面白い対談がきけるかなと思い選ばせてもらいました。(笑)

濵﨑:ピックアップされたことない同士か。(笑)まあうれしい。

-どうですか徹さんは?

羽田:印象...。ポジリーで2年生の時からAチームに入っててすごい上手い印象。あと、新歓とかでも盛り上げてくれたから明るい人なのかなっていう印象があります。

濵﨑:照れるな。(笑)



羽田:早速質問なんですけど、どれくらい毎日ラクロスに時間を割いてますか?

濵﨑:あー、どれくらいって難しいね。明るいうちはラクロスしようっていう感じはある。

羽田:授業以外はもうラクロスとかってことですか?

濵﨑:うん。逆に闇練とかはあんまりしたくないから明るいうちにやることが多いかな。

羽田:ビデオとか見るのは?

濵﨑:それは夜になったりもするかな。

羽田:なんだかんだビデオとかも1時間くらい?

濵﨑:うん。見てる見てる。あと、俺応物(応用物理学専攻)でラクロス部と普段いるから、昼食べながら尾上とかとこれ良かったんだよねとかって見せ合ったりしてるかな。

徹は?でも、ずっと怪我してたもんね。

羽田:そうなんですよ。でも最近はモチベも上がってきて結構割いてる時間多くなってきて、まあ部活やって、授業が結構忙しいから、それ意外の時間に出来ればシュー練とか行って、夜も1時間くらいやってみたいな感じです。

濵﨑:ね。なんか俺岡山戦の次の日帰ってきて壁行ったんだけど、そしたら徹が「頑張ります!」って言ってきて。(笑)頑張るのかこいつと思って俺もちょっと期待してた。

羽田:そういう印象なのは悪くないですね。(笑)




羽田:次の質問でもいいですか?

これは個人的に聞きたいんですけど、どういう目標の変遷なんですか?だんだん学年が上がっていくにつれて。

濵﨑:なんだっけ、決めたんだよね30期で去年。覚えてないなあ。

羽田 え、こういう質問でいいの?大丈夫?結構まじめな話なんだけど(笑)

-全然大丈夫です!(笑)じゃあ徹さんはどういう目標の変遷でやってきたんですか?

羽田:なんだろう。1年の頃はとにかく絶対自分が1番になるっていう目標でやってきたんだけど。まあ、なれたかっていうと最後の方怪我しちゃってよく分からない感じで終わっちゃって。そのままやってればワンチャンなくはないくらいだったと思う。で、2年の頃はもうほとんど怪我だったから、最後できるだけ来年度Aに近付けるように最後の最後で埋め合わせをする。そういう期間だったかな。今は、次の年が俺らの代だから準備不足にならないように責任感を持てるようなプレーができるように、そしてチームの一員っていう自覚をもてるようになるためにAチームに入るっていうのが今の目標かな。

-なるほど。ありがとうございます。ひろみさんはどうですか?

濵﨑:開幕戦に出場するだったわ。

羽田:去年ですよね?

濵﨑:一昨年?だから俺が2年生のときかな。その前の年にMFが8枚くらいで、俺らの年も7か8枚くらいって言われてたから、そこに入ることを目標にしてて。実際、開幕戦出れたけど出れた時間は短くて、絞りとかになってくると全然出れないって感じだったから、開幕戦終わってから、今年中に絞りに入りたいって言うのはあったけど結局なんか微妙だった。5枚目とかだったかな、最終的には。

羽田:今の目標は?

濵﨑:今の目標。えー、全学で毎試合点とれるようにすることかな。あとは、ちょっとずれるかもしれないけど、同期と試合に出たいっていうのがやっぱりあるから同期をレベルアップするっていうのがある。

羽田:それはポジリーとして?

濵﨑:いや、それは個人的に。ポジリーとしては全員レベルアップさせないと。いや、ごめんな。なんか後輩の前で(笑)

羽田:いやいや気持ちはわかります。

濵﨑:なんか全然練習しないみたいな人いないから。あ、安田。いやでも、最近ジムも入ったしシュー練もめっちゃ見るようになったし一緒に出たいなって気持ち。



-同期でも、そうじゃなくても、お2人にとって、この人がいるから頑張れてるとかライバルみたいな存在とかっているんですか?

羽田:俺は同期で唯一のMFの崇。同期だし2人だし切磋琢磨しなきゃみたいなのはある。少ないから全員が強くないといけないから。

濵﨑:俺は海渡だなあ。なんか1番ストイックだし、海渡みると頑張らないとなって思う。

羽田:ひろみさんもストイックなイメージありますけどね、実は。(笑)

隠れてやってそうなイメージあります。

濵﨑:実は?(笑) でも、俺がグラウンド行ってシュー練終わっても海渡だけは続けるみたいな時結構あるから、すげえなってなる。

羽田:なるほど。次の質問いいですか?

濵﨑:うん。

羽田:プレーのことで、やりたいことと出来ることの割合は狭まってきてますか?なんか、理想に近付いてますか?

濵﨑:いや無限にでてくるから。やりたいことが。これできた。次これって。できることは増えてるけど別にその幅が狭まってる感じはない。

羽田:なるほど。

濵﨑:ずっと、これはしないとなってことが永遠にある。

羽田:ずっと自分はまだまだだなっていう風に感じるってことですか?

濵﨑:うーん。そうだね。やだなあこれ書かれるの。(笑)

羽田:まじめすぎるな。ちょっと。(笑)


(写真 15:濵﨑宏海)


羽田:モチベの変遷というか?どういう風に?

濵﨑:1年生のときはまじでめっちゃ頑張ろうっていう感じで、めっちゃ自主練はしてた。別に今してないとかではないけど。で、1年の終わりで合同練終わってAB分けされて、最初のAB分けでA入って。で、もうめっちゃ練習嫌だった。(笑)

普通に1番技術は下なわけじゃん?で、そういう中で先輩、28期とか怖かったから。(笑)

常にびびりながらプレーしてた。それでなんか全部嫌になって、プレーもうまくいかないし、先輩怖いし、ラクロス楽しくなくて。同期もいないじゃん?それでもう、なんでラクロスやってんのかなってなって。

羽田:それ2年生の頃、?

濵﨑:そうそう、休部した頃。

羽田:え、休部したんですか?

濵﨑:え、休部したよ。

羽田:初耳です。

濵﨑:そっか、いないんだ。つま恋前くらいに休部した。なんでやってんのかなって。なんかラクロスやってて、終えて、なんかこれが手に入ったって難しい。これ!って感じじゃないじゃん?

羽田:はい。

濵﨑:それがもう意味あんのかなってなって。それこそ勉強して留学とかして、みたいな。分かりやすいものに飛びつきたい時期だった。それで1回やめて休部して、色々話きいたりして。それでなんか、ゆっぴさんにめっちゃ長文のラインとか送って。なんかあんな上手いのに、「俺もそういう時期あった。挫折した時期あった。」とか言われて。しげさんとかも、29期の先輩が声かけてくれたりして。同期も飯行ってくれたりして。で、なんか別にもう止めてくれてくれる人がいるとか、そういう人間関係だけで価値のあることなのかなって。あと、引退ブログとか読み返して...。んー、いや難しい!(笑)紆余曲折ありって書いといて。(笑)

一同:(笑)

羽田:恥ずかしがんないでください。(笑)


濵﨑:まあやったらやった分だけ返ってくるかなって。だし、こっからずっと生きてく中でどっちが大切かなって考えたときに、自分的には部活の方が大切かなと思って戻った。

で、そっからつま恋行って帰ってきてすぐに自粛期間とかなって、何してたっけ。あ、そうだ柳川さんと英介さんと大輔さんが公園とかで走ってるっていうから、それに混ぜてもらって毎朝走ったりとか。なんか、なんもなかったら俺サボる人間だから。やんないと駄目な環境においとこうと思ってコロナの自粛期間は過ごしてた。で、まあ2年生の時再開してからも自分がうまくなることだけ考えて。

羽田:3年生は?

濵﨑:3年生は、まあ、なんだろうな。しげさんがめちゃめちゃ忙しいし、海晴さんももともとOFうまかったけど、DFから転向してきてって感じだったから、俺頑張んないとなって思ってたんだけど、なんかすごい怪我とか続いちゃって、最終的になんかあんまり伸びれなかった、成長できなかった1年だったかなっていう感じかな。

羽田:今はどんな感じですか?今シーズン

濵﨑:んー、今か。モチベーション。あんまり考えたことなかったな。なんかやんないとって思ってて。

羽田:駆られてる感じですか、?

濵﨑:うん。

羽田:特にやりたくないとかもないし。むしろやらなきゃって?

濵﨑:でも今時期的に個人の技術にフォーカスできる時期だから、今ここで本当に個の力をあげないとって思ってはいるわ。

羽田:なるほど。

濵﨑:やめそうなときあったの?

羽田:ありましたね。(笑)今年の6月くらいですね。

濵﨑:いつ入ったんだっけ?

羽田:俺は早い方だったんで、去年の5月か6月くらいですね。まあ入って、ずっとオンラインで良く分からない...。(笑)

濵﨑:ね。(笑)

羽田:で、練習始まったのが9月くらいで、そっからまあ、最初は成長してったから楽しかったし。でもまあ、初めての試合の前日に怪我して、そのままモチベ下がったけど、むしろこの期間でアジリティだとかそういうものも鍛えてやろうとも思ったけど、さすがに最初は頑張れたけど長すぎて落ちてって、落ち切ったのが6月。(笑)だけど、続けたら俺の勝ちだなと思ってそのまま続けて。で、湧真がそのちょい後くらいにあいつも怪我して、骨折して。

濵﨑:みんなで怪我してたよね。(笑)

羽田:そう。それで一緒にリハビリってか、できない仲間が増えてちょっとモチベ上がって、2か月くらいたって、まあ復帰して、モチベが上がって岡山戦があり、もっと頑張んなきゃと思って今です。

濵﨑:それで、あの壁の「頑張ります!」ってやつだったのか。(笑)

羽田:そうです(笑)帰ってきて即壁行きました。

羽田:いや、いい話でした。

濵﨑 うざ(笑)



-あと質問とかありますか?逆にひろみさんからありますか?

濵﨑:なんだろうな。あ、新歓で出会った女の子との話は?

羽田:それはだめです。(笑)

-番外編で。(笑)

濵﨑:まあ、どれだけ嫌でもシュー練も壁も行くのは大事だよ。

羽田:そうっすね。

濵﨑:ラクロス嫌でも同期と話すためにシュー練行ってた時期もあったから。そういうのは大事。とりあえず行くのは大事。

羽田:なるほど。

-じゃあ最後に。お2人の今シーズンの目標と、このコラムを見ているみなさんに伝えたいことがあればお願いします。

羽田:僕はAチームに入って、セカンドセットくらいには...

濵﨑:は?お前ファーストセットって言えよ。

羽田:ファーストセットに入ります。

一同 (笑)

濵﨑:じゃあ負けないように頑張ります(笑)

濵﨑 今シーズンの目標。さっき言ったからなあ。毎試合点とれるように頑張ります。

-本日は本当にありがとうございました!


記録・編集:石塚夏実

東北大学 学友会男子ラクロス部

東北大学 学友会男子ラクロス部の公式ホームページです。 部員93名

0コメント

  • 1000 / 1000