【第27回東北学生リーグ】最終戦 vs 新潟大学

東北地区リーグ最終戦 東北大学 vs 新潟大学

2021/10/16(土) 14:50 FO@仙台市陸上競技場

【得点】

1Q:3-0

2Q:1-0

3Q:1-2

4Q:2-1

TOTAL:7-3

〈得点者〉

#45 小山大輔 3点

#3 荒木佑之輔 1点

#9 小嶋健太郎 1点

#13 佐藤覚仁 1点

#19 中村海晴 1点

【試合内容】

〈1Q〉

 降りしきる雨の中試合がスタート。

相手フェイスオファ―がかきだしたボールを#3荒木がすくい東北ボールから試合が始まります。さっそく#6茂田、#45小山らがゴールを狙いますが惜しくも外れてしまいます。東北オフェンスの時間が長く続きましたが、得点には繋がらずパスカットにより相手ボール。しかし、ここで4年生の#32後藤や#3荒木らが安定のDFを魅せ、相手のパスミスを誘い東北オフェンスへ繋げます。クリア後、オフェンス陣がゴールを狙いますが中々得点には繋がりません。そんな中、左裏の#9小嶋がボールポゼッション。右上で空いていた#45小山へパスを繋ぎ、そのままスタンシューで先制点を獲得しました。

その後も#19中村、#6茂田らオフェンス幹部陣が奮闘します。#6茂田が左上から鋭いスタンシューを打ち会場が沸きましたが惜しくもバーにあたり枠外。その後パスミスによりルーズボールになりますが、相手のファールにより再び東北ボールに。#19中村からのリスタート。相手DFを翻弄しながら、ゴール裏をまわりそのまま右裏からのカムで得点。スコアは2-0に。

ここから流れは東北オフェンスに。#6茂田が左上からゴールに向かい、ゴール前の#45小山にパスしてそのままショット。3点目を追加しました。フェイスオフ後も東北オフェンスになり、3点リードのまま第1Qを終えました。

〈2Q〉

フェイスオフ後、激しいグラボからクォーターがスタート。#99内野が混戦グラボを制し、東北の攻撃へ。クォーター開始2分、#45小山が右裏からのカムで本日2点目の得点を挙げました。

フェイスオフ明けは新潟オフェンスになりますが、2年生で唯一ベンチメンバー入りをした#12川原によるナイスDFにより相手の得点を許しません。

その後も何度か攻守が入れ替わり、両チームゴールを狙いますが得点には繋がらないままラスト5分。相手のタイムアウト明け#21がショットを打ちますが、東北の守護神#5がナイスセーブを見せ東北クリア。しかし、相手DFがパスミスをすかさずすくい再び相手ボールに。3年生ながら戦術幹部を務める#10片山や#66松本らSSDMによる鉄壁の守りにより相手のショットを許しません。そんな中#3荒木が会場が沸くような華麗なパスカットをし東北ボールに。

しかしこのオフェンスも得点には繋げることができず、スコア4-0、無失点のまま試合は折り返しを迎えます。

〈3Q〉

東北のルーズボールホールディングにより相手ボールから3Qが始まります。#3荒木がスラッシングのファールをとられ、数的不利な状態でのディフェンスに。相手オフェンスが果敢にゴールを攻めますが、東北DFも攻めの姿勢を見せます。相手のパスミスを誘い、東北ボールに。しかし東北もパスミスが続き、攻守が何度か切り替わるも相手オフェンスに。#32後藤が混戦のグラボをすくい、その足でクリアを上げます。

東北のタイムアウト明け、雨でグラウンド状況が悪いためか両チームパスミスが多く見られます。しかし、相手オフェンスによるファールにより東北ボールに。このチャンスを逃さずものにしたのが#9小嶋。DFが繋いだボールをクリース前からショット、ゴールネットを揺らします。スコア5-0。

しかし相手は強敵新潟。オフェンス陣が追加点を狙いますが中々得点には繋がりません。東北のショットを相手DFがすくい新潟オフェンスになると、相手#98が放ったショットがバウンシューで得点。新潟ベンチが沸き、流れは新潟に。相手#21が右上から打ったスタンシューにより失点。2得点を許し、5-2で第3Qが終了しました。

〈4Q〉

この流れを断ち切ったのが副将の#3荒木。FO後相手がすくったボールをチェックにより落とし、ロングクロスでそのまま豪快にショット。差を4点に広げました。

得点後のフェイスオフは東北ボールになりました。相手のスラッシングにより東北の1分のエキオフェンスとなり、点を広げるためにゴールを狙います。しかし、#19中村が放ったショットは惜しくもゴーリーセーブ。そのまま相手SSDMがクリアをあげ、クリース前にパスが通り失点。スコアは6-3に。

しかしこの直後、#45小山から#13佐藤への精密なパスが通り、そのままスタンシューで得点。再び4点差となります。

相手のタイムアウト明け、少し緊張した3年ゴーリー#96島が入ります。相手オフェンスがゴールを狙い続けますが、#3荒木や#89網家により危ない場面なく切り抜けます。

ラスト3分、東北オフェンスに。#99内野、#9小嶋らAT陣がショットを放ちますが得点にはなりません。

東北のタイムアウト明け、オフェンスファールにより相手ボールに。ラスト30秒、相手はゴールに向かい続けますが東北DF陣がそれを許しません。最後までショットを許すことなく試合が終了。

スコア7-3で東北リーグ最終戦を勝利で終えました。

この試合を持ちまして、第27回東北リーグ戦は終了致しました。

皆様の応援のおかげで、今年度も東北地区制覇を果たすことができました。

次戦は10月30日に広島県で行われる二地区予選になります。

昨年度挑戦することすらできなかった全国大会へ出場できることに感謝をし、目標である「学生日本一」を達成するために必ずや勝利致します。

今後とも温かい応援よろしくお願い致します。


(文責:葛西のどか)

東北大学 学友会男子ラクロス部

東北大学 学友会男子ラクロス部の公式ホームページです。 部員93名

0コメント

  • 1000 / 1000